LOADING

チャゲアス、夏のスペシャルライブ2013「On Your Mark」のヒント

C&A BLOG

CHAGE AND ASKA LIVE DVD BOX 3

 

つーわけで、「TUG OF C&A」の5月号が配信されました。
そのなかで気になった項目をピックアップ。

ライブはノスタルジー

今回のライブは全盛期の「CHAGE AND ASKA」のロゴが使用されているところからも分かるように「あの頃」のステージをイメージしているようだ。
「夢の番人〜GUYS〜」〜「SUPER BEST3 MISSION IMPOSSIBLE」のあのショーアップされたステージのことだろう。
近年のライブといえばどちらかと言えば「歌い倒す」、「聴かせるステージ」の傾向が強かったと思う。

しかし、今回のライブはとにかくオーディエンス側が望む選曲がなされるようである。
つまり、「あの全盛期のウマウマな楽曲の集合体」。
そう、ヘッドセットをして動き回ってた”あの曲”とか、ASKAがVG-CUSTOMをかき鳴らして”あの曲”も演奏されう可能性もかなり高いのである。

一応、補足しておくが今のスタイルも間違いなく良いのだが、やっぱり最近のライブでも「あの頃」の楽曲が演奏されると明らかに会場の雰囲気が変わる。
それを顕著に感じたのはCONCERT TOUR 2007 DOUBLEでの「GUYS」ではないだろうか。

あの頃の歌には独特の華がある。その楽曲が一挙にお目見えするというのだから「On Your Mark」見逃せないライブになりそうだ。

新曲もやるよ

ノスタルジーばっかりではチャゲアス自身納得いかないであろうことはファンなら承知であろう。
もちろん新曲も用意されるようだ。
若手のクリエイターなどともタッグを組んで「チャゲアスらしさ」と「ソロからのフィードバック」が組み合わさった新曲になるのではないだろうか。

 

まぁ、とにかく、今からたのしみだわ。うえへへへああああああばばばあああああああ。

 


コメントを残す

類似記事