LOADING

振り返ってみよう 最終章 「CONCERT TOUR 12>>13 ROCKET」

C&A BLOG

SCRAMBLE(Blu-ray Disc付)

 

というわけで、最終章です。
(ちなみに、この記事の大半は去年の段階でほぼほぼ書いてて2016年6月に加筆しています。)

 

なぜ、2013年から活動が止まってるかというと捕まったからです。

 

んで、これが実質ラストツアーとなっておるわけですが、これが、なかなか良いツアーだったわけですよ。

 

 

新作アルバムが出来るだけでこれだけ違うのか

 

7年ぶりのオリジナルアルバム「SCRAMBLE」を引っさげてのツアーとなったわけです。

アルバムツアーってのは「My Game Is ASKA」以来7年ぶり。その間にシンフォニックなどをも入れて3本ツアー回ってたんですよね。

 

そりゃ、ライブの質下がっていくわw

 

セットリストだけみたら「新曲ぶち込んであとは近年演奏した曲だけで構成」という「手抜きじゃね?」感がある感じなんですがw

そんな感じのセットリストなのに、新曲を主軸に構成するだけでエライ良い感じになっているという。

というか、多分ASKA本人のモチベーションが高かったんだと思うんですよ。

裏では炙ってるとこ隠し撮りされて恐喝されていたというのにw

 

 

このツアーこそアリーナサイズでやるべきだった

 

まぁ、とにかく良いツアーだったと思うんですよ。

唯一不満といえば、このスケールのライブならアリーナサイズでも見たかったなってところ。

前回ツアー「FACEs」ではなぜかアリーナ規模でやって客席スカスカらしいんですけど、このツアーこそアリーナでやるべきだった!

 

何やってんだ!事務所。

 

しかし、統合失調症に悩まされ、弱ってるところにシャブ中にされ、それを使って強請られと無茶苦茶だった状態なのにこんなに良いツアーが出来てたのが本当奇跡だと思う。

声も全盛期並みに出る状態だったし、チャゲアス再始動のアナウンスがあったときも「もうちょっとソロ活動しようや」って思ってたくらいですから。

 

さて、今後だよな

 

逮捕から約2年が経過し、例のブログなどもあって復帰云々の前に「ASKA大丈夫か?」感が強い昨今(当然大丈夫なわけないんだがw)ですが、いつ復帰となるんでしょうね。

個人的には究極的なことを言うと中止になった「On Your Mark」やってくれればもういいかなってのはある。

CHAGE&ASKAの集大成。終末は見届けたいし、そこはきちんと形作ってもらわないとファンとして納得いかないよなってのはあるなぁ。

 

どっちにしろ、このままフェードアウトはないと思いますが。

 

 


コメントを残す

類似記事