LOADING

「billboard classics ASKA premium ensemble concert -higher ground-」京都コンサートホール セットリスト

C&A BLOG

本日の「billboard classics ASKA premium ensemble concert -higher ground-」ツアー初日、京都コンサートホールでのセットリスト極力最速でこちらにアップいたします!乞うご期待!

いやぁ、すごかった。。。
みなさんとりあえず開場後すぐに客席にいた方がいいですよ。
3月に出るアルバムを開演まで流しています。

「修羅を行く」が流れてたあと、聞き覚えのない曲が流れるもんだからびっくらこいた。
その後も5曲くらい新曲聞いたかな。ライブで披露された曲もあった気がする。

では、下記がみなさんお待ちかねのセットリストです。

新曲のさわり部分(本編最後の曲と同じ)
僕はMusic
HELLO
天気予報の恋人

Fellows
修羅を行く
しゃぼん

はじまりはいつも雨
good time
帰宅
RED HILL
歌になりたい

you&me
HEART

新曲(ロック曲)
higher ground
青春の鼓動
今がいちばんいい

be free
新曲(オープニングの曲)

〜アンコール〜
一度きりの笑顔
PRIDE
BIG TREE

てな感じでした。
いやぁ、頭からASKAがバイオリンギターなんか使うもんだから、もう声あげちゃったよ。。。
声の状態は非常に良いと思います。
だから「はじまりはいつも雨」、「PRIDE」のキー下げはなんでだったんだろうなぁ。

アレンジ自体は大体はオリジナルと同じと思ってもらって問題ないです。
RED HILLとhigher groundはalive in liveの時のエレキバージョンみたいな感じです。

私が「ライブで一番聞きたかった曲」のHEARTをついに聴けちゃいましたよ。。。
HEARTのときだけマイクスタンドがいつものじゃなくて、ストレートのものに変わってました。
察しの良い方はもうお気づきですね?

マイクスタンド回すためだよ!

もう死ぬほど見たASIAN TOUR IN TAIPEIや千年夜一夜ライブのあれが目の前で繰り広げらておるわけです。(ちなみに席がかなり前だったのです!)

いやぁ、漏らすかと思った。おしっこ漏らすかと思った。
脚くねくねさせておるわけですよ。マイクスタンドましておるわけですよ。
最後の「だけど結局僕らぁ〜」でマイクスタンドにまたがっとるわけですよ。

この感動は多分オタクにしかわからないでしょうね!

あと、なんと言ってもアンコール最後の「BIG TREE」でしょ。
やばいね。手数王のドラムのイントロのカウント?でストリングスのパーパッパパーでもう客席から「うぉおおお」って声が上がるという。
そしてASKAの完璧の歌唱により(札幌ドームとはなんだったんだ)ちょっと大袈裟でなくBIG TREEツアーとか声の伸びが今の声で再現されているっていうの?

「あんた61歳だよね?」

となんども。思ってしまう。声量。いやぁ、これこれこれなのよ!
この持ってかれる感じがASKAなのよ。

思い出したらまた追記します。。。。

歌になりたい
歌になりたい
posted with amazlet at 19.11.23
ASKA
DADA label (2019-11-20)
売り上げランキング: 117

コメントを残す

類似記事