LOADING

ASKA台湾で復帰か?

C&A

SCRAMBLE(Blu-ray Disc付)

 

ソース

https://t.co/UTqNKpupV2

 

https://t.co/zLTUzY5PR3

 

ざっと読んだ感じでは

「親交があった向こうの俳優董浚凱(ググったらウホッな画像がいっぱい出てきた…)が手を差し伸べて映画かドラマか舞台に楽曲提供」

的な話でしょうか?

ま、この記事の真偽が東スポさんクラスかもしれないけども。

本当ならば何かしらのアナウンス出るんじゃないでしょうか。

 

で、復帰についてですが。

個人的には、何にしても時期尚早な感じがするけどなぁ。

ゴタゴタが片付いてないじゃないっすか。

楽曲提供くらい良いとするべきなのだろうか。うーん。

 

 

”真実であるとしたら”復帰を台湾からってのはこれは正解でしょう。

国内はまだまだ無理でしょう。

無能なネットご意見番のみなさんがどうせ叩きまくるだけですし。

ライブ活動は多分今後出来るのかどうかすら危ういんで、そうなって来ると日本に固執する必要性がないんですよね。

だったらもうこの機会に海外に活動をシフトしてもいいかも知れないですね。

 

あとは、彼にまだ才能が残されてるかだけです。

この人の場合好きに作るよりある程度制限や依頼がある場合の方がウケる曲作る印象があるんで、昔みたいに負担にならない程度に楽曲提供しまくってもいいかも知れないですね。

執行猶予期間中はどっちにしろデカイこと出来ないけどね。

 

 


コメントを残す

類似記事