LOADING

SEE YA

ALBUM

SEE YA【初回生産限定盤】

 

1990年8月29日 オリコン最高位4位 52.0万枚

 

前作「PRIDE」が久々のオリコン1位になって勢いが出てきたときにソロ活動、ASKAのロンドン行きを経てのロンドン初レコーディング作品。

 

この頃に悪いことを覚えちゃったのかしら…

 

チャゲアス本体としてより作家としてフィーチャーされていた80年代後半から平成に入ってどんどん本体にも注目が集まってきた時期。

セールス的にも50万枚行ってたり(SAY YESのブームで後から伸びた分もあるけど)してやはり「SAY YES」に繋がる勢いはこの頃から確実に出てきている印象。

このアルバムの曲って「太陽と埃の中で」を除いて近年歌われない傾向にありますよね。

そのせいか、個人的にはあまり印象のないアルバムって感じですね。 そして、これくらいの時期のCHAGE曲ってホント聴かないのが多いからちょっとレビューに困る・・・

 

 

DO YA DO

親父がなぜかシングルを持ってました。 確か、「万里の河」以来のオリコンベスト10入り作品ですよね。

2010年のASKAソロ「12」でセルフカバーされましたね。

この曲発売時のタイアップはトヨタのスプリンターカリブで、95年にはスバルのヴィヴィオCMにも使われていたんですよ。 今ではトヨタとスバルは親戚ですが、当時ではなかなかのことでは。

 

水の部屋

ロンドンに居たからこそ出来た和風な曲。 詞が好きですね。ソロで歌われそうな気がしますね。

 

すごくこまるんだ

どんな曲だったか思い出せなくて「すごくこまるんだ」。

 

ROLLING DAYS

ええっと、なんでしたっけこれ?

 

Primrose Hill

「ティルティルティル」の曲ですね。

 

僕は僕なりの

この時期によくあるASKAのバラードって感じですね。

 

Reason

はい、出ました。CHAGEの数年おきに誕生する名バラード。

最後のサビのASKAのハモが良い。

 

モナリザの背中よりも

90年代のライブの定番曲でしたね。 今あれくらいの運動量をこなしながら歌えるのだろうか・・・

この曲が合わないライブ構成になってたから仕方ないけども。 

 

ゼロの向こうのGOOD LUCK

Blu-rayで発売されて「夢の番人 SPECIAL EVENT 1993 GUYS」にも収録されております。

歌詞的にとてもヤバい。金でそんなもん覚えるから24年後捕まっちゃうんだよ。

それは置いておいて、アレンジをもう少し現代風にしたら絶対カッコいいよね。

 

YELLOW MEN

ASKAのコーラスが印象的。 カッコいいよねこれ。もっとライブでやっても良かったと思う曲です。

 

太陽と埃の中で

やっぱ、このアルバムでいちばんの存在感はこの曲でしょう。

わたしは後のSTAMP ver.の方が好きなんですけどね。

シングルカットされて、シングルでは初のトップ3に入りその後一年間もチャートインしていたんですよね。

とにかくファン以外で「チャゲアスちょっと知ってるぞ」くらいの人からの支持率の高い楽曲です。

 


コメントを残す

類似記事