LOADING

Amazonプライムに加入してみました

WEB

Amazonビデオ

 

内村さまぁ〜ずがプライムビデオに移行したことで加入を散々考えていた「Amazonプライム」。

prime musicも開始されたことから加入してみました。

 

まぁ、良い部分と悪い部分が見えてたのでここに記する。

 

月々300円強でたっぷりサービス受けれるのはよいです

ブックオフヘビーユーザーの清水國明レベルのAmazonヘビーユーザーの私としまして、お急ぎ便、プライムビデオ、プライムミュージックなどのサービスが月々300円で受けれるのはとっても魅力なんですよ。

年会費で払わなきゃいけないのでハードルは若干高いですが、月割りで考えるとね。

 

やはり他定額音楽配信サービスとはかなり劣る

とにかく曲数が少ないんだわ。

Apple Musicに加入しようか考えてたんだけど、ライブラリがグッチャグチャになるだのという噂を聞いておりましたので躊躇しておりました。

まぁ、高いってのが大きかったんだけどね。

で、今回prime musicが追加されたことがきっかけとなり加入したわけです。

 

が、流石に曲数少なすぎやしませんか?

オルゴールで水増しするのはやめてください。

「ティロティロティンじゃねーよ」と。

洋楽はそこそこあるんですけど、邦楽は絶望的にない。

チャゲアスなんかもない!あっ!これはどこでもなかった!

 

アプリが使いにくいったらありゃしない

これね、諸々の管理の都合上専用アプリで使用しないといけないのはわかるんですが、まぁ、使いにくいんですよ。

PC、iOS共に使いにくい。これは欠点ですね。

特に手持ちの楽曲とまぜまぜして聞きたいとPCはどうすんの?って感じで。

iOSのもデフォルトアプリで使えないのは大きなマイナスですね。

「音楽ムッチャ聴くんですぅ」って人はこの点も含めてApple Musicがおすすめです。

 

 

なんて、上げてみましたが聴き放題ってのはなかなか良いもので個別課金なら聴かないような人たちのも手軽に聴けるには良いです。

個人的には「spangle call lilli line」があったのが嬉しい収穫でした。

 

持ち出してオフライン下で聴くためにはiOS搭載機が必須。

普段使っているiPod nanoの容量も切迫してるのでiPod touchが欲しくなってきました…

iPhoneとiPodは分けて分けたいんでね…

ああ、金掛かりますね。

 

 

 


コメントを残す

類似記事