LOADING

Amazon Prime Musicを3ヶ月使った結論

WEB

Amazonビデオ

 

「僕は花粉症なんかじゃない!」

あの日以来のなんしです。

 

大阪日本橋にあるK2レコードの会員に10年悩んでやっとなりまして、「こんなものもある!」っと無駄にいろいろ借りまくってるわけなんですが、そうなってくるともう音楽なんて聞ききれないわけなんですよ。

そんな状態のあたくしがAmazon Prime Musicを3ヶ月ちょっと使った上でのレビューをお送ります。

 

音悪すぎ

とにかくね、音割れしまくるんですよ。

jazztronikとか調子こいて聴いてたりするんですが、なぜかiPhone4SにSE215で聴くと割れる。

クラムボンなんかものすごく割れる。天童よしみもびっくりなくらいに割れる。

音圧が大きすぎるのかしら。PCでスピーカー通す分には割れてない気がするんだけどね。

なんとかならんのかしら。

 

 

音楽に対する価値が薄い

これ結構大きいなって気付きました。

いやぁね、聴き放題ってことで「あ、これもいいわね!」って落としまくってるとその音楽に対する「熱」みたいなのが低すぎなんですよ。

だから、シャッフルとかして聴いてたら大体飛ばしちゃうのよ。

これに気付いちゃって。「あれ?これひょっとしたらいらないんじゃね?」感が出てくるのよw

で、結局自分で金を出してる曲ばかり聴いてしまうという。

 

ちまちまCD買ったりレンタルしてきてカセットにタビングしてインデックス書いて…なんていう音楽の聴き方をしてきた最後の世代と自負しているあたいとして、この定額音楽配信サービスってのは馴染めないっすね。

 

WinnyやWinMX全盛期も通過してきた世代ですが、そういうのは一切したことのないあたいはやはりそれなりの熱を持って音楽聴きたいなって改めて思いましたとさ。

 

おしまい。

 

 

Fire タブレット 8GB、ブラック
Amazon (2015-09-30)
売り上げランキング: 4

 

 


コメントを残す

類似記事