LOADING

安藤裕子 「Acoustic Tempo Magic」

OTHER

Acoustic Tempo Magic (MINI ALBUM)

 

 

安藤裕子のアコースティックセルフカバーアルバム「Acoustic Tempo Magic」が発売になっています。
ミニアルバムということで5曲入り。

ファーストフルアルバムの「middle tempo magic」から名前を取っていて、旧曲はそこからの選曲となっています。

 

 

slow tempo magic

この曲好きなんですよね。ボーカルの変化を感じる楽曲ですね。
CDより太い。動の安藤裕子を感じさせます。

 

黒い車

いつだったかのアコースティックライブで異彩を放つカッコ良さだったのが、そのまま再現されております。
ライブの度にアレンジが磨かれて行った楽曲ですね。

 

早春物語

原田知世のカバーです。原曲がそもそもいいから、これも非常に良い。
原田知世ってすごい好きなシンガーなんですよ。女優って一面の方が(もっと遡ればアイドルですが)今は強い(ブレンディっていう声もあるが)ですが素晴らしい声を持ったシンガーっていう印象なんですよね。
カーディガンズとかの流れを汲んだスウェディッシュ・ポップな「ロマンス」なんて最高の一作です。
という、原田知世のこと書いてるんじゃないんだ。

 

隣人に光が差すとき

ライブでの演奏回数多い楽曲。しかし、声太くなったね。

 

聖者の行進

これもライブでの演奏回数が多く、そして多分本人が歌うのにいちばんパワーを必要とする楽曲ではないでしょうか?
いやぁ、声太くなったねぇ。しつこい。
音が薄くなってもこの楽曲が持ってるチカラみたいなのは確実に伝わってきますね。いやぁ、いい曲。

 

世界をかえるつもりはない

で、これが唯一の新曲なんですが。苦手っす。。。
何だろう。。。。あああ。。。。

 

 

と、まぁ、最後の一曲がなんかイマイチなわけですが滅多に歌わない「slow tempo magic 」やら、原田知世のカバーやら1800円のという価格の割には結構ボリューム感があって良いと思います。

値段じゃないけどね。あはは。

 


コメントを残す

類似記事