LOADING

「笑っていいとも!」最終回を記しておこう

OTHER

別冊サイゾー「いいとも!論」

 

わたしは最近はそんなでもないが、かなりのバラエティ番組オタクである。
教育テレビより、「ダウンタウンのごっつええ感じ」や「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」を好んで見て育ったような人間である。

そんなわたしが生まれたときからやっているもはや日常であり、やっていて当たり前の番組「笑っていいとも!」が今日最終回を迎えた。

レギュラー放送最終回のゲストはビートたけし。グランドフィナーレがあまりにも豪華で素晴らしかったので記しておきたいと思う。

 

 

まぁ、やはり最も今回のフィナーレで印象的だったのは「タモリ、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、ナインティナイン、爆笑問題、鶴瓶」という未だかつてない豪華なメンツでしょう。

 

とくに、ダウンタウン、とんねるず、爆笑問題なんて今まで共演してガッツリ絡んだことなんて初めてでは?
これが実現出来たってのが「いいとも!」という番組の力だったと思うし、更に言うならばタモリさんの為に最高の花道を作ろうという東西の芸人の思いがあったからでしょうね。

 

それにしてもダウンタウンがスゴかった。いやぁ、あんなにしびれるようなダウンタウンは久々だった。
特に浜ちゃんは若手のころの勢いで腹抱えて笑った。

 

今明石家さんまにあそこまでイケるのはこの男だけ。浜田雅功最強。
本日のMVPは間違いなくこの男です。

 

そしてきっちりナンチャンに対する「ヒルナンデス」弄りが見れたのもよかったw
結果「ヒルナンデスは俺じゃない!」と名前を出しちゃったのはウッチャンだったんだけどもw

 

いやぁ、しかしとんねるずの登場したときは興奮したね。メガネ曇ったもんw
まさか、ダウンタウン×とんねるずの共演が見れるとは思わなかった。

 

各々のコンビが50歳前後の年齢になりある意味丸くなっていながらも、隠せないマジモードを感じましたね。

最後のお涙頂戴演出にいくかと思わせて、芸人達がさっきの伝説を目撃してしまってるからかもうかかっちゃって笑い取りに行ってるのがよかった。
まぁ、そういうの関係ないんだろうけどさまぁ〜ずは良かったねwあれでこそさまぁ〜ず。三村大好きだ。

そして、鶴瓶師匠の流石としか言いようがない噺。

 

そして、そして、最後の最後のタモリさんによる見事なスピーチです

 

もうね、芸人の分厚さってのをまざまざと見せつけた番組、いいとも!が日本のバラエティの根幹を担ってきたんだなってのを改めて感じさせた最終回でありました。

平日の帯がなくなりロケにも行きやすくなったタモさん。
まずはタモリ倶楽部でローカル電車でもどうでしょう。そしてブラタモリも範囲が広がりますね。

 

これからのタモさんにも目が離せないなぁと思っております。

 

 

 


コメントを残す

類似記事

    見つからなかったです。ゴメンちゃい。