LOADING

CHAGE and ASKA 「STAMP」

C&A BLOG

STAMP

2002年に発売されたチャゲアス初のセルフカバーアルバム。
これが最後のオリコン1位と10万枚以上売上げた作品となっています。
2010年にASKAソロでセルフカバー2枚出していますが、この「STAMP」はバックバンドの「Elder Street Boys」と共に制作しているため非常にバンドサウンドが前面に押し出されたアルバムとなっています。

個人的にはいちばん聴いたアルバム3本の指に入るかも。

賛否両論出たアルバムですが、わたしはこのアルバム全面的に賛成派です。
「SAY YES」、「YAH YAH YAH」をイヤイヤ入れさせられたのが丸わかりの捻くれアレンジが実に痛快です。
今ならこんなアレンジしないでしょうね。そう、このときのチャゲアスは尖ってたのです。

 

 

YAH YAH YAH
240万枚超えの大ヒット曲。ここまでぶっ壊したのはかなり勇気のいることでしょう。
「別の曲」と思ってしまえばなかなかかっこいい曲ではあります。
ライブではオリジナルの方でお願いします。マジで。

SAY YES
280万枚超えの特大ヒット曲。
クラブサウンドを目指したそうです。クラブサウンドってどんなのかよくわかんないうんこちゃんなわたしですが。
このアルバムを引っ提げたツアー「THE LIVE」アリーナ公演でこのバージョンで披露されたときに何がやりたかったかちょっと分かったような気がした。気がした。
これはアリなんです。俺がアリだっていうんだからアリ。

river
当初はこのテンポだったらしいですね。これ以降ライブでもこのテンポで披露されています。
ミディアムテンポのチャゲアスらしい曲。
ちなみにriverには英詩のTHE RIVERがありこれにも2バージョン(ONE VOICEとUNPLUGGED)あるので4種類あるんですね。
みなさんはどれが好きですか?わたしはいちばんオリジナルの「river」です。うふふ。

終章(エピローグ)
これは現代版にブラッシュアップした感じ。ふつうです。
20代、30代、40代、50代と毎世代ごとにリアレンジしております。
ちなみに1999年の電光石火ツアーではかなりポップ目なバージョンが披露されたんですよ。うふふ。

クルミを割れた日
「TREE」に収録するとき気に入らないところがあり外したかった曲なんだそうで。
後に問題箇所が発見され今回リメイクと相成った。
なんかどっかのコード進行が変わってるんだって。音楽的知識が皆無なわたしには訳わかめですぅ。
んで、好き嫌いで言えばセルフカバー大成功でしょう。オリジナルより好きです。

HOTEL
原曲は結構funkなんだけど、こちらではピアノロック。
多分「SAY YES」のイメージのままの人には驚くであろうロックサウンドとシャウトっぷり。
こういう曲もやっちゃうところがCHAGE&ASKAなんですよ。奥さん。

WALK
これ好きなのよ。「12」より全然好きよ。
ウィスパーボイスで歌っているのは「声が出ないからだ」なんて野暮なことを考えていた過去の自分に説教をしてやりたいですね。
やっぱねメロディが秀逸だとどんなアレンジでも栄えるんだね。
そういや、このアレンジの前はもっとロックなアレンジで考えてたとかなんとか。それはそれで聞いてみたかったかも。

そんなもんだろう
織田裕二に提供した曲ですね。
織田裕二バージョンのあと、これはちょっとがっかりしちゃったな。
織田ver.をはじめて聞いたとき「なんだまだこんな曲作れんじゃん!」って思ったもんですよ。
「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」を彷彿とさせるイントロとキャッチーさ。まさに全盛期のASKA。
織田ver.をASKAが歌った仮歌が世の中に存在すると思うと夜も寝れない。
絶対に織田ver.をソロライブで歌うべきだと思うわ。
さて、何回「織田」って書いたでしょう。

港に潜んだ潜水艇
アレンジ、演奏まんま同じ。ASKAメインからCHAGEメインに代わってます。
ただ、やっぱASKAメインの方が良い。「恋人に恋人できた」のところのシャウトがASKAの野太い声の方が明らかに様になってる。
ASKAのハモがバカみたいに高いのよね。うふふ。

You are free
ちょー好きなんですけどー。オリジナルのR&B性をさらに引き出した感じで。
こういう系統の新曲あってもよくね?まぁ、こういうラブソング最近ないからなぁー。

砂時計のくびれた場所
「夢の飛礫」のカップリングのときからお気に入り。
この時のチャゲアスの色がガッツリ出た一曲になってると思う。
チャゲアスロックバラードの王道。原曲よりなんだか切なさが出てますよね。
そういやこれを聞いたとき「まだこんなに高音出るんだ」って思ったな・・・
そういやCHAGEがサビで鬼のように高いハモを見せてくれてます。

今日は…こんなに元気です
オリジナルはASKAメインだった曲。こちらでCHAGEがメインをとってますが、セリフ部分はASKAのまま。
CHAGEのセリフも録ったらしいですが、周りがニヤニヤするので止めたそうです。多分リスナーもニヤニヤしちゃうと思います。

太陽と埃の中で
このアルバムのリード曲。TV出演、スポットもこの曲でしたね。
このアレンジに不満がある人います?最高でしょこれ。無茶苦茶カッコ良いじゃん。
もう何度聴いたことだろうか・・・ゴスペル調で終わる最後なんて無茶苦茶カッコ良い。
オリジナルより断然こっちでしょ。

 


1件のコメント

  • 2016年7月30日 12:14 am

    港に沈んだ潜水艦はCHAGEメインの方が私は好きです。

コメントを残す

類似記事