LOADING

SCENE3

ASKA ALBUM

SCENEIII (初回限定盤)(DVD付)

 

2005年11月23日 最高位6位 売上6.4万枚

 

2003年の年末に突然ASKAソロシングル「心に花の咲く方へ」がリリースされ、そのプロモーション時に「SCENE3を出したいと思ってる」と言ってたのが、チャゲアス25周年を終えやっと形になった感じですね。

 

コンセプトは「古き良き時代のアメリカ映画音楽」みたいな感じだったかと思います。

この辺の時期のチャゲアス、ASKAってのはバンドサウンドを軸としたロックサウンドに寄っていたのでこういう方向性はなかなか新鮮でしたね。

弦楽器、管楽器をふんだんに使った実に「制作費たっぷり使った」贅沢な一枚です。

 

まぁ、楽曲数が新曲が実質5曲であとはシングルとリミックス見たいな曲という「ミニアルバムじゃねーか」みたいな批判も出たりしましたが、実にコンセプトの筋が通ったまとまりの良いアルバムになってます。

 

でね、わたし的にこのアルバムって結構なターニングポイントだったんじゃないかと思うんですよ。

「『心に花の咲く方へ』を作って燃え尽き症候群になった」って本人が後年語ってましたが、実質的にはこのアルバムを指してると思うんですよ。

このアルバムが本人が「やりたい」と思って制作した最後のアルバムなんじゃないでしょうかね。

歌詞に関しても輪廻転生についても歌ってたりするですけど、所謂分かりやすい「ラブソング」ってのも結構歌われていて、そんな「ラブソング」を歌っているのがこのアルバムを最後になかったりします。

 

そうそう、この「SCENE3」を提げたツアー「My Game Is ASKA」がソロツアーの中で一、二の出来だったりします。

このツアー同期ものなし全部人間の演奏で構成されていて、これがいいんですよ。

メンバーはチャゲアスバンドと旧来のASKAバンドを足して2で割ったのにバイオリンという組み合わせで。

「今後のASKAソロツアーはこれでいいじゃん」ってくらい新しいASKAソロの色が出せててよかったんだけどなぁ。

 

とまぁ、なんかASKAの集大成的なアルバムと言っていいこの一枚、紐解いていきませう。

 

 

birth

一曲目がこのジャズというか、こういう雰囲気の曲で来たか!という感じで。

いやぁ、はじめて聴いたときから単純に「カッコイイ曲だな」と。もうスティングとかと張りあえるんじゃねぇーのとまで思ったけどなw

間奏あたり最高ですよね。澤近泰輔先生お見事です。

歌詞は輪廻転生について歌ってて正直「何言ってんの?」感は否めないですが…

 

good time

2000年のシングルがリアレンジされ収録。

元はASKA単独アレンジで割と無機質なアレンジだったんですが、今回は澤近さんによってストリングスが主体のこのアルバムに相応しいアレンジになってます。

これに合わせてボーカルも録り直していて当時より伸びやかなものになっております。

 

愛温計

はじまりはいつも雨の続編って曲ですね。

一応このアルバムのリード曲って感じです。

あの歌のような空を見てた〜」がはじまりはいつも雨と同じメロディーになっております。

こういう質感のラブソングってこれが最後かもなぁ。

 

walking around the Xmas

なんか存在を忘れ去られ気味の曲ですが、クリスマスソングにウクレレというインパクト。

この人「服を脱ぐ」って言葉好きね。

まぁ、こういう歌詞書いてるってのは良いことだったんだなって今になって思う。

 

心に花の咲く方へ

このアルバムのプロローグとなった曲ですね。

シングルよりさらにシンフォニックな感じになっております。

ASKAは無茶苦茶気に入ってるみたいですが、ファンにこれが一番好きって人あんまりいない気が…

よくも悪くも、やっぱこういう歌詞は共鳴されにくいと思うんだなぁ。

 

君が好きだった歌へのプロローグ

なんか困ったらこれ引っ張り出してる気がする。

 

背中で聞えるユーモレスク

ナットキングコールとかの世界観なんだとか。ナットキングコールまともに聞いたことないけど。

所謂J-POPシンガーがこの手の曲を作ってこれだけ歌いこなしてるってのはすげえと思うんだけどね。

こういうASKAはあまり世間では知られずにいるね。

 

loop (“birth” reconstructive

で、ここでリミックスってのはなんとも苦しいなw

 

抱き合いし恋人

「今までの「SCENE」に入っていても違和感のないもの」ってことで制作されたそうで。

確かにそんな気もする。

きっと幸せはほんのわずかな愛も見逃さないこと

まぁ、共作だから松井五郎が出した言葉かもしれないけど、こういう素敵な言葉を綴れる人がああなっちゃうってのはやっぱ悲しいし、もったないよなぁ。

 

SCENEIII (初回限定盤)(DVD付)
ASKA
ユニバーサル シグマ (2005-11-23)
売り上げランキング: 78,936

 


コメントを残す

類似記事